2019年度開催の写真コンテスト結果発表です。

2020/1/14(火)から2020/2/14(金)まで、芦屋町役場1階ロビーにて、応募された全作品を展示いたします。

【大賞】
作品名:夜の砂像展
撮影者:山口 清
ライトアップされたメイン砂像の壮大さ、大きく打ちあがった花火が後方に広がっており、あしや砂像展の醍醐味を一枚の写真に詰め込まれているようでもあります。審査員の中でも満場一致で大賞に選ばれました。

___________________________________________________

【イベント部会長賞】
作品名:なんだぁ~
撮影者:小川 吾一
様々な表情に見えるライトアップされたゴリラの砂像。写真の撮り方によって更に独特な表情が表現されていると感じられます。ゴリラが何か私たちに訴えているようにも見え、審査員の心をしっかり掴みました。

___________________________________________________

 【入選】
作品名:夕焼けの砂像展
撮影者:日高 國治
 夕焼けの砂像展がキレイに表現されていて、写真を見ていて美しいと感じられます。自然の変化の流れの中で、このタイミングしかないという瞬間を見事に捉えられていると思います。

___________________________________________________

【入選】
作品名:弱肉強食
撮影者:多田 圭一
 写真から、生存競争の生々しい雰囲気が感じられます。ライティングのタイミングが絶滅危惧とマッチしていて、弱肉強食を見事に表現されていると思います。

___________________________________________________