誰でも、小さい頃砂場で遊ぶのが大好きだったと思います。
初めは、小さなスコップで砂をすくって遊び、小学校に入る頃には大きな山を
作ることができました。そのうち、水をかけると砂が固まることを覚え、山に
トンネル掘ったり、道を作ったりしていました。実は、このことが砂像の原型です。
年を重ねるごとに、砂遊びに興味がなくなりますが、海水浴では砂の中に体を埋めて、
みんなで体を砂で作って遊んでいたと思います。これも、砂像のひとつと言えます。

砂像とは、砂と水だけで作る彫刻です。砂だけで制作するため、非常にもろく、常に崩れる
危険をともないます。また、砂像で一番重要なことは、砂と水を良く混ぜてしっかりと固める
ことです。大きな砂像ともなれば、大量の砂と水が必要となり、多大な労力が必要です。
彫刻家は、ぶっつけ本番一発勝負で彫刻を行います。失敗は許されません。しかし、完成した
彫刻は、長く保存できません。これもまた、砂像の大きな魅力です。

砂像は、誰でも作れます。子どもから大人まで楽しめる砂遊びです。開催期間中は、砂像制作体験も実施します。是非、砂像制作の難しさ、楽しさに触れてください。いつかは、あなたの作品も、あしや砂像展で展示される日がくるかもしれません